ボーダーコリー

ボーダーコリーは、イギリス原産の犬種です。
ボーダーの名称はイングランドとスコットランドの境界付近が原産となっているためにボーダーコリーと名づけられました。
オーストラリアやニュージーランドでは牧羊が主要産業となっているため、ボーダーコリーが牧羊犬として多大な貢献をしています。
ボーダーコリーの出自は、8世紀から11世紀にかけて、バイキングがスカンジナビア半島の牧羊犬をイギリスへ持ち込んだものがボーダーコリーのルーツになったと考えられています。
牧羊犬として活躍しながら、イギリスの在来犬種と交雑し、一部がオーストラリアやニュージーランドに持ち込まれ、イギリスと同じく牧羊犬として貢献してきました。
ボーダーコリーは、従順、機敏、利口と言うという性質を持ち、特に運動能力の高い犬種です。
ボーダーコリーその能力の高さゆえ、正しい訓練の行えない飼い主には手に余る犬種です。
運動能力が高いために、周りに動くもの、移動中の車や自転車を反射的に追いかけるボーダーコリーもいますので、事故等に巻き込まれる例が多いようです。
ボーダーコリーは、面識の無い人や、小さな子供、同性の犬を苦手としますので、攻撃的に振る舞うことがあります。
コリー種の中でも、作業能力を重視されたボーダーコリーは、外観やサイズの統一性にかけるため、ケネルクラブでの承認が遅れ、本国イギリスのケネルクラブでは1976年、国際畜犬連盟の公認は1987年となっています。