ボーダーコリー子犬

ボーダーコリーの子犬はころころして本当にかわいいですね。
子犬の時期に販売されることの多いボーダーコリー、他の犬種でもそうですが、子犬のときのしつけが重要になってきます。
特にボーダーコリーは、子犬からのしつけがしっかりと出来ていないと、飼い主ももてあますような、やんちゃ振りを発揮するようになります。
これはボーダーコリーの能力の高さゆえ、起こりうることですので、しっかりとしつけが出来たボーダーコリーは、子犬から成犬になると、本来の従順、機敏、利口にあわせて運動能力の高さが活かされることになります。
しかし、子犬のときのしつけがうまくいかないと、ボーダーコリーの持つ能力の高さは、好奇心の高さや自己願望の成就欲につながります。
つまり人間の言うことよりも自分を優先するようになると、能力の高さを制御不能となってしまいます。
ボーダーコリーは子犬の時期から、しっかりとしたしつけを行うことが大切です。
言うことを聞かないように育つようなら、ブリーダーやしつけ慣れた里親にお願いして、子犬のうちにしっかりとしつけましょう。