ボーダーコリー販売

ボーダーコリーを販売しているブリーダーやペットショップはたくさんあります。
ボーダーコリーは、直射日光に弱いので日射病、熱射病を引き起こすことがあるので、なるべく強い日差しを避けるようにする飼い方が必要です。
前にも記事にしましたが、遺伝性の病気もありますので、販売店や販売ブリーダーによく確認することです。
牧羊犬時代に交雑が進んだとはいえ、純血種に近いボーダーコリーは、雑種の犬よりもデリケートな部分を持っています、飼い方やしつけについても、販売店によく確認、相談しましょう。
ボーダーコリーを販売しているブリーダーは、ネットのサイトでもたくさん見つかるようです。
ボーダーコリーは子犬で15万前後の値がついているのが、ネットのサイトではおおいようです。
ボーダーコリーの販売サイトを見ると、ブラック&ホワイト、レッド&ホワイト、ブルーマール、希少色のチョコレート&ホワイト、等のボーダーコリーの子犬たちの写真が並んでいます。
気に入ったボーダーコリーを見つけるのも大事なことですが、販売するブリーダーとの信頼関係も大事です。